クロマメのチックあれこれ

感覚統合について色々調べています。本も色々読みたいのに、このところまとまった仕事が入ったこともあってあまり読み進めることができていません。

そんな中、今日はチックのお話です。
クロマメには入れ代わり立ち代わり、様々なチック症状が出ます。

一番新しいのは、袖噛み。
袖を口に入れてくちゃくちゃやるので、すっかり袖がびろーんと伸びて、プルオーバーなんかはベルボトム状態・・・。袖口が擦れて穴が開いちゃったのもあるよ(T_T)。

襟元を噛むこともあるので、袖口と襟元はびたびた・・・。

あとよくやるのは、両腕を袖から抜いてシャツの中に入り込むこと。腕が寒いのだと言うのですが、シャツの上にパーカーなどを羽織るのは嫌がる。腕を胴体に入れたまま字を書いたり食べたりしようとするので、お前さんはお馬鹿なのかい??と言いたくなることも・・・。

でも、パンツに手を突っ込むよりはいい。

指しゃぶりはずーっと続いているし、片手をしゃぶって、片手をパンツに入れて、今度は手を変えてってやってるのを見るのはやはり気持ちのいいものでない。学校でもやるのでそりゃ女の子からは嫌われます・・・。

瞬きが異様に多くてぱちぱちやってる時期もあったし、肩すくめ、ゲップが止まらないこともあった・・・。
唾をあぶくのようにして遊んだり(>_<)、誰彼構わず目が合うと「ブッ」と吹き出すような音を立てることもあった。(一度ガラの悪いおっさんに「こいつが唾かけやがった!」なんて大声で騒がれた時にはゾッとしました・・・。)

息が荒くて過呼吸なのかと思った時期も。この時はすごく心配でした。

音声系では口笛をずっと吹いてる時もあったし(これがまたなぜか妙にうまいし、よく通る^^;)、足で床を踏みつけたり、手で太鼓のように叩いたり、ピアノを弾くようにテーブルを叩いたり。この辺はチックなのかどうなのか。

あと何があったかなー。もっと色々あったと思います。

チックはこれまで小児科医と相談の上であまり反応しないようにしてきたけれど、確かに放っておけばひとつのことは消えるのだけれど、また新しいものが出てくるのよね・・・。

ともかく、感覚統合の話と結びつけると、クロマメのこうしたチック症状も刺激を求めるタイプゆえの症状なのではと想像しています。
色々な方のブログを読むと皆さんとても勉強していらっしゃって、自分の不勉強を思い知らされます。

なんだか、中黒の多い記事となってしまいました(*^_^*)



[PR]
by kuromame-kun | 2017-04-11 05:35 | クロマメ流 | Comments(0)

ドイツで暮らすクロマメくん一家の日々のあれこれ。


by kuromame-kun
プロフィールを見る